大人ニキビができている場合の洗顔法

大人ニキビができている場合の洗顔法

洗顔に気を付けるようになると、お肌の状態が変わってきます。 大人ニキビができている人も同様で、もしかするとこれまでの 間違った洗顔によってニキビができていたのかもしれません。

もしゴシゴシと力まかせに顔をこするような洗顔方法だとしたら、 それはすぐに改める必要がありそうです。 ニキビができているお肌は通常よりも弱っていることが多いので、 力を加えてしまうと余計に傷ついてしまいます。 ですから優しくなでるように洗うのが基本となります。

石鹸や洗顔料についても、ただ付ければいいというのではなく よく泡立てることが大切です。 洗顔料で洗うというよりも、泡で洗うことを心がけましょう。 これまでの洗顔より少し時間がかかってしまうかもしれませんが、 まずは泡を作るところから始めるのです。

石鹸や洗顔料によってはうまく泡立たないかもしれませんが、 泡立てネットなどを使うとよく泡が立ちます。 その泡で、顔をすみずみまで優しく洗うのです。 こすって汚れを落とすのではなく、泡で包み込むようにします。

そして洗い終えたら泡をよく洗い流すことです。 泡が残っているとニキビに良くありませんから、すすぎも しっかりと行いましょう。 顔を拭く時も、タオルでこすってはいけません。 洗顔の時と同じように優しく、そっと水気を押さえるようにするのです。

このように洗顔してみると、普段とは随分違った丁寧な 洗顔になると思います。 時間も少しかかるかもしれませんね。 朝の忙しい時などは丁寧に洗顔する時間も惜しいかもしれませんが、 なるべく時間を作って一つ一つの過程をおろそかにしないようにしましょう。

時間がかかってしまう分、お肌への負荷はかなり少なくなります。 大人ニキビができているお肌も、傷つけることなくさっぱりと 洗い上げることができるのです。

また洗顔時にお湯を使う場合には温度にも気を付けましょう。 水かぬるま湯で洗うのが基本ですから、熱いお湯ですと毛穴が 開いてしまうのです。 洗顔を正しい方法で丁寧に行うと、大人ニキビも少しずつ 改善されていくことでしょう。