大人ニキビが繰り返しできる時の対処法

大人ニキビが繰り返しできる時の対処法

思春期にできるニキビはホルモンバランスが安定するとおさまりますが、 大人ニキビは次々にできたり、一度治ったと思っても再びできたりと 厄介なものです。

大人ニキビが繰り返しできてしまう場合、皮脂が過剰に分泌されている ことがあります。 皮脂は皮脂腺が刺激されることにより分泌されますが、 これはストレスがたまったり睡眠時間が足りないことが 引き金になるのです。

またお肌は新陳代謝を繰り返して生まれ変わっていきますが、 このターンオーバーがうまくいかないこともニキビの原因となります。 ターンオーバーが乱れると角質が毛穴に詰まってしまうのです。 ニキビができるとお肌が脂っぽい気がして洗顔を繰り返してしまう人がいます。

洗顔によってお肌がさっぱりするといかにもニキビも治りそうな気がしますが、 実は洗顔のし過ぎはニキビにとって悪影響を与えてしまうのです。 洗顔料を使って洗顔するのは朝と夜の2回だけで十分です。

また洗顔料も、お肌に刺激の強いものは避けたほうが賢明です。 ぬるま湯で洗うとお肌に優しいので、あまり熱いお湯はよくありません。

そして洗顔した後は保湿をすることが大切です。 洗顔料を使って洗うとお肌の油分が失われますから、水分を保つこともできません。 しっかり保湿をした後で、その水分を保持するために クリームなどを塗っておきましょう。

ここまでのケアは日頃から行っている人も多いと思いますが、 最後に重要なことがあります。それはビタミンCを補給することです。 ビタミンCが含まれている化粧品でお肌にビタミンCを補うと、 ニキビができにくくなるのです。

一生懸命洗顔やスキンケアをしているつもりでも、自分の思い込みで 実は誤った方法を長年行っている場合があります。 そうすると大人ニキビができやすくなりますし、 治っても次々とできてしまうのです。

ニキビは放置するとどんどんひどくなることがあり、 最初は白ニキビや黒ニキビといったポツンと盛り上がった状態だったものが、 だんだん赤ニキビや黄ニキビへと変わり、炎症を起こしてしまいます。 早い段階で正しい対応をするようにしましょう。