ニキビ改善のための洗顔とは?

ニキビ改善のための洗顔とは?

ニキビやニキビ跡を改善するためには正しい洗顔を行うことも非常に大切です。 そもそも、洗顔方法を間違えている場合にニキビが発生しやすくなっているので、ニキビに悩んでいる方は一度洗顔方法を見直してみてくださいね。

正しい洗顔方法を身につけられれば、それだけでニキビの予防にもつながります。

まず、ニキビが気になるからといって洗い過ぎるのは良くありません。 顔の油分である皮脂はニキビの原因になってしまう厄介なものではありますが、落としすぎてしまうと肌の乾燥につながってしまいます。

洗顔は、朝と晩の2回だけに抑えておきたいですね。 また、洗顔をする際に使うのは熱いお湯や冷たい水ではなく、ぬるま湯が基本となります。 これは、熱いお湯を使うと皮脂を落としすぎてしまい、冷たい水だと皮脂が残りすぎてしまうからです。

基本はぬるま湯で洗い、最後に冷たい水で毛穴を引き締めましょう。

それから、できるだけ優しく洗うということも重要です。 ニキビや肌の油分が気になるとどうしてもゴシゴシ洗ってしまいがちですよね。 しかし、皮膚というのは非常にデリケートにできています。

ゴシゴシ洗ってしまうとそれが大きな刺激につながり、ニキビができてしまうこともあるのです。 ポイントは、できるだけ弾力のある泡を作り、その泡の力で汚れを落とすということ。 泡が弱いと汚れを巻き込むことができないため、洗顔料用の泡立てネットなどを使ってしっかり弾力のある泡を作ってあげましょう。

その他のポイントとして、洗顔前に蒸しタオルを使うのも良いですね。 丁寧に洗顔しているもののどうしてもニキビができてしまう…という方の場合、もしかしたら毛穴が閉じていて汚れを掻き出すことができていないのかもしれません。

そこで活躍するのが蒸しタオルです。 水で濡らしたタオルをレンジにかけ、軽く冷ましてから顔に乗せ、毛穴を開いてから洗顔をしましょう。 こうすることにより毛穴が開き、通常の洗顔でもしっかり汚れを落としやすくなるのでぜひ挑戦してみてください。